毎月の行事・図書館遠足

お気に入りの本を一冊見つける旅に出かけます。

胸には図書カード、リュックには水筒と、前回見つけた宝の一冊。エイエイオー!!と気合を入れていざ出発。
今日はどれにしようか本当に迷っちゃいます。
宝物を見つけた後は、近くの公園でお弁当。今日は皆同じお弁当を食べる日です。
なんか、ちょとうれしいネ。帰りは…もちろん歩きます!!
(回を増すごとに脚力はどんどんついてきます。)

【1年目…年少】
まずは公共のマナーを身に付けます。絵本の楽しさに沢山ふれます。大好きな本を何度も借りることが多いです。

【2年目…年中】
沢山の絵本の中から、自分の好きな絵本が見つけられる。(お話が好きだったり、絵が好きだったり、シリーズで好きだったり…理由はその子によって一人一人違います。)色々な図鑑を見て、その魅力にはまっていく子もいます。

【3年目…年長】
自分の好きなもの「かぶとむし」「ビーズ」「電車」「犬」etc.が詳しくでている図鑑を探し出してじっくり見たりしています。

子どもたちにとって図書館遠足は特別なイベントではありません。
2週間に1度の日常的な遠足です。
歩いていると色々な方に声をかけてもらえます。
歩いていくことや年に一度の行事ではないことに皆さんびっくり。
でも、子どもたちは何で驚かれているのか、エライねーと誉められるのか
あまり良く分かってないようです。
時には、お庭に落ちたバラの花びらを手のひら一杯に一人ずつプレゼントされたり,
畑のみかんを頂いたり、サプライズなこともあります。